〜 まず手を当てて 〜

私の腸は?と聞くと「いいんですか」と手を伸ばす彼女の顔が違う。「腸を触る時、ニヤッとしていると言われるんですよね」と笑う。驚くほど体調や体の癖を言い当てられた。

看護師いいんじゃない?

長崎市生まれ。五歳で父を亡くし、母と二人で生活してきた。幼い頃は男の子たちと走って競争をして勝ち続けたと微笑む彼女。小学校高学年で初めて走り負けた日、悔しくて泣きながら家に帰ったという。夢は、医師か薬剤師になること。勉強に力を入れ部活にも励み長崎西高へ進学した。進路を決める頃、母が言った。「看護師いいんじゃない?」その言葉で心を決めた。他は望まない。迷わず看護師になろう。学校に三年通い国家試験に合格した。看護師として働く充実した毎日。循環器の病棟に配属され経験を積む。

私マニアックなので

看護師二年目の年に急性膵炎で入院。退院後の生活習慣が大事だと実感した。入院中は病院食だが退院するとつい気が緩む。体を大事にしないと薬も効かない。元々体のことに興味があった彼女は、西洋医学を学びつつ東洋医学にも興味を深め知識を吸収。企業へ出向き、健康診断で数値が悪い人へ直接保健指導も行った。既に何度も同じことを言われ慣れている人は、生返事で指導終了を待つ。やりがいが無い!どうしたら目の前の人が耳を傾け改善しようと考えるだろうか。考えた末、会社のマニュアルを自己流にアレンジ。反応が変わる手ごたえを得る。煙草の吸い方の指導で「体を動かして小高い丘や山へ登り、誰も居ない新鮮な空気の所で、一人、美味しく吸ったらいかがですか。喫煙所で副流煙まで吸わなくていいし、周りの人に煙も及ばないでしょ!」と伝えた時の反応が良かったとイタズラっぽく笑う。

ホームナース

結婚して退職してからは、クライアントのところへ出向き腸から体の本質を診る施術なども積極的に取り入れた。目の前の人にとって一番いい状態になるよう心を砕く。自律神経のタイプを見て「心地いい」状態をつくりだす。末期がんの方には、家族と共に寄り添い、なるべくストレス無く抗がん剤の副作用も最小限に抑えられるように心を配り、少しでも苦痛なく楽に、笑顔になる道を探す。免疫細胞の約七割は腸にあると彼女が言う。お腹をほぐせば腸内環境を整える助けになる。腸内セロトニンが整えば自律神経が安定する。笑顔でいられる瞬間を増やしてゆくのに全力を尽くしている。

腸もみ

腹部マッサージと温めることを基本に腸マッサージを行う。老廃物が溜まった腸は固く冷たくなっていることもあり、ゆっくり時間をかけてほぐす。ほぐれると信じられないくらいに柔らかくなる。マッサージの前後では感覚以上に見た目も違う。人の腸の長さは平均6mから8m、日本人は9m程あるとも言われ、ひだのある腸の面積を全部広げるとテニスコート一面程。それがお腹に収まっているのだから、便秘で滞ると36度に保たれる屋外に生ごみを放置したままの状態と同じ。老廃物の匂いは出口を求めて移動して、口臭、げっぷ、汗、おなら、カラダの皮膚から出て体臭となる。油ものが好きな人は匂いで分かる。腸の中の状態は外の皮膚と同じ。肌荒れは、腸荒のサイン。便秘、代謝の低下、体のあらゆる不調、精神不安定に関わる腸。発達障害と腸トラブルへの関係性にも彼女の考えは及ぶ。子ども達に早くから腸の大事さを伝えたいと、幼稚園や保育園に「うんちっち紙芝居」を持って腸の話をしに出向くこともある。体の状態を、自分たちで気づける子に育ってくれたらと願う。

メンタルサポート

汚れた腸に良い食材を入れても吸収は望めない。心も体も経済も、出さなきゃ入ってこない。高価な化粧品やサプリメントより、まず先に出さないと!老廃物を外に出せる身体をつくる。そのためのベースは、睡眠、食事、運動の見直し。睡眠が大事なのは寝ている時に腸が動くから。体に溜まったゴミを出せたら代謝が良くなりはじめる。ファスティングやダイエット指導はそこからスタート。その人の一番いい状態で出来るようにアドバイスを継続。人生が変わった。二十年近く体重が減らなかったのに結果が出た。洋服を着るのが嬉しいと泣きだすお客様の話を聞きながら彼女も嬉し涙が出る。指導を求めて来てくれた方には、一生関わっていこうと思う。

教える側から

生徒には「生」を伝えたい。教科書に加え、自分の体験からも生徒自身の健康が大前提だと伝え続ける。自分が整ってはじめて人のケアができる。医療の職に就くのならなおさら、自分の整え方を知っておかなくては。三年、五年、十年、三十年後の目標設定をして、どう生きていくといいかを考えて気づいて欲しい。伝えたい想いで熱くなり、過剰になりそうな自分を時々諫める。どんな小さなことでも、やりたいことをするのが大事。達成して次へ行き、やり方を見極める。自分で成長してゆけるような、きっかけになったらいい。たくさんの人の助けがあって在る今の自分。私は本当に恵まれていると感謝する。腸活やファスティングに関して実感している人が動けるよう知識や技術を整理して活用できるように整えたい。漢方や薬膳にも興味がある。二人の子どもの母として限りがある時間を有効活用。「お化粧は三十秒くらい。ピッピで、おしまい。」明るく笑う彼女の頬が艶々していた。

あなたの内側も外側も
整えられるのはあなただけ
あなたがあなたの専門家

高橋 久美子 さん
学校法人岩永学園
こころ医療福祉専門学校講師

ライフリスクケアプランナー®認定講師
腸内リスクケアプランナー®認定講師
Facebook »
ライター
CHIKA
信州在住・佐世保は第二の故郷
ブログ「『お花畑で寝転んで』大げさなくらいでちょうどいい実行委員長CHIKA」
https://ameblo.jp/whenyouwishuponastar0603/entrylist.html mc_chika_love_wedding@yahoo.co.jp
女性は世の中の「花」だから。
月刊「はなはな」が創刊当初から伝えたい想いです。
「はなはな人」を読み終えたあなたが一人の女性としてあなたの場所で咲くエネルギーになったらと願っています。